福島市整体 においの害

こんにちはトモです

『スメルハラスメント』という言葉が聞かれるようになりました

これは「においで相手を不快にさせる行為」と言う意味

鼻から入ったにおいは、視覚や聴覚とは異なり、大脳の記憶を支配する海馬や、感情を支配する扁桃体に直接伝わるという特性を持っています

このため、あるにおいを嗅いだことで、一瞬にして過去の記憶がよみがえるフラッシュバックのような症状も起きます

このような特性から、アロマセラピーのように香りでリラックス効果をもたらすこともできる

最近では認知症の症状改善にも香りを使った療法が行われ、ラベンダーやローズマリーの香りに効果が出ているらしいです

一方で、洗濯の柔軟剤などに強い芳香剤が使われるようになり、そのにおいを好む人がいる一方、不快に感じる声もでてきます

特に、化学物質に敏感な人は、芳香剤のにおいによって目や喉、鼻に違和感を覚えることがあります

「香害」といわれ、アレルギー症状がでる場合があります

このようなときは、早めに医師の診断を受けてください

ハラスメントにもいろいろありますが、自分では良かれと思っていることが、周りには迷惑だったりすることが多々ありますね

ご注意  ご注意

それでは また

福島市よこた施術院

関連記事

  1. 福島市整体 年齢とともに目の水晶体が黄変化し、高齢者では青や…

  2. 温泉の作用