温泉の作用

こんにちはトモです

温泉の作用の代表的なものは

①温熱作用

②水圧作用

③化学作用

④総合的生体調整作用

これらがあると言われています

温熱や水圧はピンときます

化学作用は泉質に含まれるさまざまな有効成分のこと

総合的生体調節作用っては?


温泉地の季節ごとの景色やすがすがしい空気、
鳥の声や自然界の音などリラックスできる環境が、
張り詰めた神経の緊張を解きほぐす効果のことをいいます


実は、この作用が最も重要ではないかといわれています


温泉地等のさまざまな要因が人体に総合的に作用して、
自律神経や内分泌系のバランスを整え、健康な状態に近づけてくれる


入浴中は表皮の血行が良くなる分、胃腸の血流量が減る


すると消化能力が下がるので、食後すぐにお湯につかると消化不良を起こしやすい


食後は1時間以上たってから入るよう注意してください

それでは また

関連記事

  1. 福島市整体 においの害

  2. 福島市整体 年齢とともに目の水晶体が黄変化し、高齢者では青や…